スポンサードリンク

慶事・弔事の服装

今まで「交際の業務」読んでくださりありがとうございました
今日のこのページで最後になります

皆様のお役にたてれば幸いです

また、次の章へと進んでまいりたいと思います

ありがとうございました


田中奈津実




慶事・弔事の服装


結婚式

準礼装で十分
男性 黒か紺のダークスーツ、白いワイシャツ、白銀のネクタイ
女性 ダークスーツ(胸に花でも飾る程度)
司会者の場合、モーニングかタキシード(男性)



弔事

男性 モーニングまたはダークスーツ、白いワイシャツ、黒ネクタイ、黒の革靴
女性 喪服。アクセサリー(特に光るもの)はできるだけつけない
洋服の場合、パール程度なら大丈夫
地味な服装で



慶事・弔事の礼装

大抵の改まった席に出るにあたって十分なもの
男性 モーニング、タキシード(日没後の会合に着用する夜会服)
燕尾服、  和服---五つ紋の紋服
女性 カクテルドレス、喪服、振袖、ロングドレス



男性礼装
服の種類 燕尾服 フロックモーニング タキシード
帽子 シルクハット 山高 シルクハット シルクハット
上着 黒ラシャ 黒ラシャ 黒ラシャ
ズボン 黒ラシャ 黒ラシャ
チョッキ 黒ラシャ 白リネン 黒ラシャ 白リネン 黒ラシャ 白リネン
シャツ ホワイト ホワイト ホワイト
カラー 立襟 立襟 折襟 立襟
ネクタイ 白蝶 結び下げ 黒蝶型
手袋 白革 茶またはねずみ皮 葬式は黒 白革
くつ 黒エナメル 黒皮 黒エナメル
靴下
外套 黒無地 黒無地 黒無地

ラシャ---地が暑く、密な毛織物
外套(がいとう)---オーバーコート


女性の正式な服装(夜会)

イブニングドレス、宝石類のアクセサリー、白の長い手袋、靴はハイヒールが普通だが、パンプスでもかまわない
正式になれば、金糸銀糸のサンダルを履く



その他
ビロード
スエード
日本では10月〜4月の間のみ着用すべき
服装 関係が近ければ近いほど正装に近づけ、学友・仕事仲間関係の人ならば略式に近づける
スポンサードリンク

連名での宛名書き、返信用はがきの直し方

連名での宛名書き、返信用はがきの直し方


上司と二人の社員が連名でお祝い

御礼のみの場合は、
下に左から@上司の名前 A部下の名前 B部下の名前
御礼の左側に相手の名前を入れる場合
下に左から@部下の名前 A部下の名前 B上司の名前



返信用はがきの直し方


先方宛の『行』を二重線で消し、御中か様に訂正する

財団法人
 実務技能検定教会
            御中


欠席

ご出席を二重線で消す
ご欠席の前に「残念ながら」を入れ「ご」を二重線で消す
欠席のあとに「させていただきます」を入れる


創立10周年記念式典に
ご出席
残念ながら
欠席させていただきます

住所
ご芳



出席

御出席の「御」を二重線で消す
出席の下に「させていただきます」を入れる
ご欠席を二重線で消す



創立10周年記念式典に
出席させていただきます

ご欠席

住所
ご芳


※はがきや、祝儀袋は縦書きですので、縦書きで
 
※追加する文字を分かりやすいように赤字にして有りますが、
 黒で書いてください
 斜線は赤のボールペンでも構いません

※住所氏名はお忘れなく
 ゴム印でも構いませんが、出来たら手書きのほうがいいでしょう
スポンサードリンク

弔辞(社葬、その他)

弔辞(社葬、その他)


社葬


・棺に対して右側---遺族・親戚  左側---会社の人

・僧侶の読経
読経のあとに焼香が行われる
焼香の順序
@葬儀委員長 A喪主 B子供 C親戚  D会社幹部
社葬 その会社にとってたいへん功績のあった地位の高い人や、職務中に亡くなった人に対して会社としての葬儀をすること
費用はすべて会社で賄う
準社葬 ある面の費用は会社で、その他の費用は遺族が負担
手順 @葬儀委員長を選ぶ
例)社長逝去→副社長あるいは専務
葬儀万端を行うセクション→総務部
秘書は総務部長を補佐する

A葬式の方針を打ち出す
会社中心の葬儀の場合、通夜の手伝いは庶務課や秘書課が行う
方針は会社全体に通達しておく
例えば、「個人の意志で絶対に香典を受けない」など
式次第
(仏式)
1.遺族、親族及び参列者着席

2.僧侶の着席

3.開式の辞

4.読経

5.弔辞奉呈

6.弔電の読み上げ

7.焼香と読経

8.僧侶の退席

9.葬儀委員長のあいさつ

10.遺族代表のあいさつ

11.閉式の辞




その他

・弔事の通知を出す場合
 状況によっては本人が亡くなっていても、一応、
 危篤という電報を打つ場合があるので、
 そういうことは葬儀委員長と打ち合わせる

・上司の代行として他人の通夜に参上する場合、
 代拝をし、香典を置いたら草々に辞去する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。